「4K映像制作」
パナソニック社の全面協力を得て、「中映協」技術セミナーが平成27年9月15日、国際デザインセンター(ナディアパーク)6Fセミナールーム3にて開催されました。

 

中映協理事長 谷水康彦 氏  挨拶
 

セミナー進行役  (株)テレビシティ   副社長 姫野敬幸 氏
 

セミナー@「4K映像制作における技術について」講師
パナソニック潟Cメージングネットワーク事業部
プロフェッショナルマーケティング部
国内営業課 主幹  瓜阪 裕一 氏

セミナーA「当社が4Kカメラを導入するまでと、その後の選択」講師
(有)極楽映像社 野澤 啓 氏

パナソニックシステムネットワークス株式会社 
システムソリューションズジャパンカンパニー中部社 
ソリューション営業部 部長 井戸 章貴 氏  挨拶
 

名古屋では制作が少ない4K映像ですが、すでに東京では活発に制作されています。そこで今回は、パナソニック担当者から実際の4K映像制作に於ける技術的な問題点、留意点を話していただきました。

また、各社の4Kカメラを駆使し東京の第一線で4Kを制作されている野澤啓氏に、4Kカメラ使用時の率直な感想を伺いました。野澤氏は短編以外に長尺の作品を多数手がけられているので、我々の参考になるお話が伺えました。

合せて、パナソニックの全面協力により最新の4K機材を展示。特に、4KハンドヘルドカメラAG-DVX200は実働機に触れる事が出来ました。



セミナー風景




今回の懇親会は、「京風町屋の台所 あんどん」にて開催されました。
会費¥3000(中映協より補助¥1000有り)飲み放題で忙しい日常をしばし忘れて、ゆっくり情報交換できました。


■セミナー委員会からの報告

■アンケート報告






トップページ    協会概要    会員名簿    過去の「お知らせ」 著作権について